スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UTAU-SynthのmacOS Sierra‎対応について

今日9月21日にMacの新しいOS「macOS Sierra」がリリースされました。

小生も下記のMacminiをSierraにアップグレードして、UTAU-Synthが使用可能である事を確認しました。

ちなみに、前OSのEl Capitanと同様にSierraにアップグレードすると、UTAU-Synthもフルスクリーンモード、Split Viewに対応しますので、入力画面を広く表示したり、オンラインマニュアルと並べて表示するのに便利になると思います。

UTAU-Synth_Sierra.png

今回アップクレードしたマシン
Macmini Server Mid 2011
CPU:Intel Core i7 (4コア) 2GHz
メモリ:8GB
HDD:500GB×2台(MacOS用に片方使用)
Yosemite(10.10.5)からSierra‎(10.12)にアップグレード

※Sierra‎はOS X 10.7.5以降のOSを搭載したMacであれば無料でアップグレードが可能ですが、Macのモデルに制限がある為、下記のApple公式サイトにてご確認ください。
http://www.apple.com/jp/macos/how-to-upgrade/

※UTAU-Synthは2013/1/20に公開された最新のv1.0.0b18を使用。ダウンロードは下記公式サイトから。
http://utau-synth.com/

Sierra‎にてUTAU-Synthを使用する際の注意点

①「Gatekeeper」の設定について

OS XではMountain Lionのバージョンより、「Gatekeeper」というセキュリティ機能が追加された為、デフォルトの環境設定ではUTAU-Synthを起動することが出来ません。
UTAU-Synthのappファイルを開く前に、以下の記事に記載した設定を実施して下さい。

UTAU-SynthのOS X Mountain Lion対応について
http://kenchan22.blog53.fc2.com/blog-entry-214.html

※Sierra‎にアップグレードする前に設定済みであれば、そのまま設定が引継がれるため、再度設定し直す必要はありません。

②UTAU-Synthが強制終了された時の回復方法

以前のバージョンでも同様の事象が発生していましたが、特に1楽曲全てを収めた容量の大きいustファイルを一度に再生しようとすると、途中でUTAU-Synthが強制終了される可能性がありますのでご注意下さい。再生は、フレーズ毎に分けるようにする事と、ustファイルをこまめに保存する事をお勧めします。

※今回は小生のマシンにて「siGrE」のustファイル(約3分半)を和音マコ連続音音源を使用して「再生時に3回再レンダリング」の設定で一度に全部を問題なく再生できることを確認しております。
ただし、メモリ容量が少ないマシンでは問題が発生する可能性もあるのでご注意ください。

再生中にUTAU-Synthが強制終了された場合は、以下の記事に記載した操作にて、UTAU-Synthのプロジェクトファイルを復活させて再起動する事ができます。

UTAU-SynthのOS X Mavericks対応について
http://kenchan22.blog53.fc2.com/blog-entry-231.html
スポンサーサイト
プロフィール

Author:kenchan
別名:こっぺぱんP(ニコニコ動画内)
歌声合成ソフトウェア【UTAU】
向けの音源【和音マコ】の
代理配布を行なっています。

カレンダー
08 | 2016/09 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
utapiano
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。