『UTAUはボカロの簡易版か?』

twitterにて、UTAU作者の飴屋/菖蒲様が、『UTAUはボカロの簡易版か?』という問いかけをされていました。

UTAUは、歌声を合成できるソフトウェアという事で、VOCALOIDとよく対比させられていますが、今回は小生の意見を述べさせて頂きたいと思います。

まず、結論から言いますと、UTAUは基本的にはボカロの簡易版ではないと考えています。

根拠としては、UTAUは元々は、人の声を収録したwavファイルを切り貼りして歌声にする「人力ボーカロイド」の制作を支援するツールとして登場したものであり、最初に公開されたバージョンより、自分で収録、あるいは切り出しを行った音声を自由に取り込んで原音とすることができ、その為に、子音部分の指定や子音の発音タイミングの設定など、原音としてきちんと使える様にする為の設定も自分で行う事ができるようになっているからです。

ボーカロイド持ってないので作ってみた(人力ボカロ支援ツールその2)




VOCALOIDは、原音の収録をはじめ、原音のノーマライズや子音の発音タイミングの設定等の音声ライブラリの作成については、クリプトン社等の販売会社がYAMAHA社から提供された音声ライブラリ制作ツールを使って行います。したがって、一般ユーザがVOCALOID用の音声ライブラリ制作ツールを入手して独自の音声ライブラリを制作する事は不可能です。

UTAUとVOCALOIDでは、音声を合成する為の技術の違いはありますが、独自の音声ライブラリを作成できる点では、『UTAUは歌声合成ライブラリ制作ツールの簡易版』とも言えます。

ただし、自分で音声ライブラリを制作しないで、すでに原音設定まで出来上がった音声ライブラリを利用するユーザからすると、UTAUをボカロの簡易版として使うという考え方もあると思います。

この事についても、本来は単独音の50音を自然に繋ぐには、母音結合や、先行発音、オーバーラップ等の原音設定の再調整という、VOCALOIDでは必要としない作業を行わなければならず、VOCALOIDよりも簡単に使えるとは言えなかったのですが、Mode2や連続音音源の登場により、VOCALOIDの様な簡単な調整だけでも使用できるようになりつつあり、ライブラリ作成を行わないユーザにとっては『UTAUはボカロの簡易版』として位置づけられる日も近いのではないかと思います。

※現在開発中の自動連続音モード(仮)が完成すれば、ベタ打ち状態での連続音音源の使用が可能になる為、VOCALOIDとほぼ同じ簡易さで使用できるようになると考えられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kenchan

Author:kenchan
別名:こっぺぱんP(ニコニコ動画内)
歌声合成ソフトウェア【UTAU】
向けの音源【和音マコ】の
代理配布を行なっています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
utapiano