DTM入門書【iPadで作曲入門】にUTAUの解説が載りました!

本日23日に、工学社より【iPadで作曲入門―オリジナル曲をシーケンサーが演奏し、音声合成ソフトが歌う! (I/O BOOKS)】という、DTM(PCによる音楽制作)の入門書が出版されました。

iPadで作曲入門―オリジナル曲をシーケンサーが演奏し、音声合成ソフトが歌う! (I/O BOOKS)iPadで作曲入門―オリジナル曲をシーケンサーが演奏し、音声合成ソフトが歌う! (I/O BOOKS)
(2011/02)
DJ SEN

商品詳細を見る


タイトルの通り、メインは第2章に書かれたiPad用のリズムパターン作成シーケンサーソフト「iELECTRIBE」の演奏方法の解説だと思われますが、第3章では、35ページも割いて、UTAUの基本的な操作方法が詳細に解説されています。

具体的には、UTAUの操作画面の画像を多用して、UTAUのインストール方法から、音符、歌詞、休符の入力方法、テンポの設定、WAVの出力、プロジェクトファイルの保存、音源の追加方法、おまかせ調声機能を使った調声方法まで載っていて、特にUTAU独特の入力方法で初心者が躓きやすい音符・歌詞・休符の入力方法が詳細に説明されていますので、UTAU入門書としてもとてもよく出来ていると思いました。(耳ロボP氏の制作されたUTAU音源録音ソフト「OREMO」の使い方も簡単に紹介されています)

また、第4章では、フリーのMIDIシーケンサー「DOMINO」を使った伴奏の作成、第5章では、フリーのミキシングソフト「KRISTAL」を使ったミキシング(曲の仕上げ)まで解説されているので、これ1冊で作曲ができます。(リズムパターン作成シーケンサーソフトはWindowsPC用にも有償、またはフリーのソフト(DrumBox等)がありますので、iPadが無い方でもWindowsPCがあれば特に問題はないと思います。伴奏は「DOMINO」だけでも作れます。)

ちなみに、小生がHPに作成している操作マニュアルは、UTAUのバージョンアップの度に書き足した為に内容が冗長で読み辛いので、特にこれからUTAUを始めたい方は、まず今回紹介した書籍を入門書とされる事を是非お勧めしたいと思います。(どちらかというと、小生の操作マニュアルは今回紹介した書籍では省かれている、UTAU操作に慣れた人向けの機能を確認するのに役に立つかも)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kenchan

Author:kenchan
別名:こっぺぱんP(ニコニコ動画内)
歌声合成ソフトウェア【UTAU】
向けの音源【和音マコ】の
代理配布を行なっています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
utapiano