UTAU-SynthのOS X Mountain Lion対応について

昨日25日にMacの新しいOS「OS X Mountain Lion」が発売開始されました。
200を超える新機能が追加され、現行のLionよりも更に使いやすくなったとの評判もある為、早速アップクレードされた方もいらっしゃるかもしれません。

小生も下記のMacBookをMountain Lionにアップクレードして、UTAU-Synthも問題なく使用出来る事を確認しました。

今回アップクレードしたマシン
MacBook Mid 2009
CPU:Intel Core 2 Duo 2.13GHz
メモリ:4GB
HDD:160GB
Snow Leopard(v10.6.8)から直接Mountain Lionにアップグレード

※Mountain LionはLion及び最新のSnow Leopard(v10.6.8)からのアップグレードが可能ですが、Macのモデルに制限がある為、下記のApple公式サイトにてご確認ください。
http://www.apple.com/jp/osx/how-to-upgrade/

※UTAU-Synthは7/26時点で最新のv1.0.0b16を使用。ダウンロードは下記公式サイトから。
http://utau-synth.com/

ただ、Mountain LionにてUTAU-Synthを使用する際に注意点がありますので、下記にて説明します。

Mountain Lionでは、新たに「Gatekeeper」というセキュリティ機能が追加された為、デフォルトの環境設定では、App Storeにてダウンロード販売しているアプリケーション及び、Apple社が発行するDeveloper IDを持った開発者によって開発されたアプリケーション以外のアプリケーションはインストール及び起動ができない様になっています。

Apple公式サイトのGatekeeperの説明
http://www.apple.com/jp/osx/what-is/security.html

ダウンロードしたUTAU-Synthのappアイコンをダブルクリックすると、下記の様な画面が表示されて起動できないはずです。
appnotopen.png
システム環境設定画面の「セキュリティとプライバシー」を開き、「一般」タブを選択すると、画面の下の方に「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」という項目がありますので、ラジオボタンの選択をデフォルトで設定されている真ん中の「Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」から一番下の「すべてのアプリケーションを許可」に変えて下さい。
settei1.pngsettei2.png
※画面を開いた直後は「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の項目はグレーアウトして操作できない為、画面左下の鍵アイコンをクリックして、パスワード認証をすると操作できる様になります。

追伸
小生の環境では、和音マコ連続音音源にて「siGrE」のustファイルを問題なく再生できた事を確認していますが、使用中に思わぬトラブルが起こる可能性もある為、ustファイルの保存はこまめに行う等して注意してご使用ください。
なお、Mountain Lionは完全に64bit対応のOSとなり、メモリを大量に消費する為、メモリが2GBしかないマシンではメモリ不足によりUTAU-Synthの動作が不安定になる可能性もあるのでご注意ください。Mountain Lionにアップグレードする際にはメモリを4GB以上に増設した方が良いと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kenchan

Author:kenchan
別名:こっぺぱんP(ニコニコ動画内)
歌声合成ソフトウェア【UTAU】
向けの音源【和音マコ】の
代理配布を行なっています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
utapiano