新しい歌声合成ソフト【SiVo】の開発が始まっている件について

現在、ゆー様にて、UTAUの様に音源を自作できる歌声合成ソフト【SiVo】を開発されています。

ゆー様のSiVo開発状況ブログ「歌声合成ソフト開発中!」
http://ameblo.jp/sinsyandutau/

ゆー様がSiVoを開発している目的として、将来的にUTAUがVB6ランタイムの問題で使えなくなるという問題に対応したいという事をブログに綴られています。

歌声合成ソフト開発中!:VB6サポート終了に伴うUTAU終了説とSiVoの開発状況
http://ameblo.jp/sinsyandutau/entry-12258159714.html

将来的にUTAUがVB6ランタイムの問題で使えなくなるという問題について、小生も内容を纏めてみましたが、記事が長くなってしまったので、興味のある方は以下の「続きを読む」をクリックしてお読みください。


VB6とは、正式名称は「Microsoft Visual Basic 6.0」と呼ばれるもので、マイクロソフトが1990年代に開発していたプログラミング言語および統合開発環境の最後のバージョンになります。
※統合開発環境というのはアプリケーションソフトを開発するためのソフトウェアです。

UTAUはVB6によって開発されている為、WindowsOS上でUTAUを起動させるにはVB6ランタイムが必要です。
※ランタイムとはアプリケーションのプログラムを実行させるのに必要なプログラムやファイルを纏めたものです。

WindowsOSにはVB6ランタイムはデフォルトでは入っていないため、UTAUをインストーラーでインストールする時に一緒にインストールされるようになっています。

このVB6ランタイムについて、以下のサイトに2024年にサポートを終了する予定という情報があり、2024年以降にUTAUを使うことが出来なくなるのではないかという懸念が出ています。

やじゅ@アプリケーション・ラボ わんくま支局:VB6ランタイムは2024年までサポート予定
http://blogs.wankuma.com/yaju/archive/2015/12/25/524980.aspx

上記サイトによると、2015年に開催されたマイクロソフトのイベントで話が出たという事ですが、マイクロソフトの公式発表ではないため、実際のサポート期間は変わってくる可能性があります。
なお、Windows10については、マイクロソフトの公式ブログにてVB6ランタイムをサポートすると宣言している為、Windows10がサポートされる間はUTAUを問題なく使い続けられると考えられます。
Windows10のサポート期間は2025年までの為、Windows10のサポート期間に合わせてVB6ランタイムも2025年までサポートされるという可能性もあります。(1年の違いですが・・・)

マイクロソフトの公式ブログ(英語)
https://blogs.windows.com/buildingapps/2015/06/22/getting-ready-for-windows-10-sdks-compatibility-bridges/#GWHLHBvY8jyzIM9h.97

マイクロソフト:OS にはサポート期限があります!
https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/article/windows10-portal/eos.aspx

UTAUは3年以上前の2013年9月5日に公開されたバージョン0.4.18eを最後にバージョンアップが止まっていますが、開発者の飴屋/菖蒲様はまだUTAUの開発終了を宣言したわけではありません。
Mac用のUTAU-Synthの試用ライセンスコードは先月も更新されていますので、UTAUの管理は現在も引き続き行われています。

UTAU-Synth / 歌声合成ツールUTAU
http://utau-synth.com/index.html

ただ、IT、コンピューターの世界は進歩、変化の速度が速いので、7~8年後の事は予想がつきません。
時期ははっきりとは分かりませんが、将来UTAUが最新のWindowsOSでは使えなくなる日が来るのは確かです。
もし、末永くご自身の制作された音源を歌わせたい、他の人に歌わせてもらえるようにしたいとお考えであれば、UTAU以外の歌声合成ソフトの開発状況にも目を向けた方が良いのではないかと思います。

UTAUがバージョンアップして、最新のOSに対応されるようになるのが一番なのですが、UTAUはオープンソースソフトウェアではないので、飴屋様に期待するしかありません・・・

話が長くなってしまいましたが、SiVoはHMM(隠れマルコフモデル)という方法で歌声を合成するため、UTAUのような単独音、連続音音源ではなく、人が歌っている音声が必要になります。

UTAU音源とは互換性は無いという点は注意が必要ですが、人が歌っているようなリアルな歌声を簡単に合成できるという利点があります。
※人力ボーカロイドの扱いになってしまいますが、良く調声されたUSTファイルを使ってUTAUで歌声を出力して使うという手も考えられています。

音源を作成するのが難しい(100曲以上の歌声が必要等)という問題があるようですが、今後のSiVo開発の進展に期待したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kenchan

Author:kenchan
別名:こっぺぱんP(ニコニコ動画内)
歌声合成ソフトウェア【UTAU】
向けの音源【和音マコ】の
代理配布を行なっています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
utapiano